住むならやっぱり賃貸マンション。賃貸大阪、宇治不動産

賃貸マンションで素敵な新生活を始めませんか?

リフォームローンの利率について

リフォームを行う際、リフォームローンというのがあります。

リフォームローンは、その名の通りリフォームを行う時に組むことができるローンのことです。

このリフォームローンは、比較的に審査にも通りやすく住宅ローンよりも借りやすいとされています。また、利率においても安くされています。下は0.8パーセントの利率から上は14パーセントくらいになっており他のローンに比べたら断然的に安いです。

銀行によって様々なアドバイスもしてくれます。変動型と固定型があるのでそのときの状況をみて選ぶことができます。活用してよいリフォームができます。

リノベーション費用を支払う際に役立つリフォームローン

中古住宅を購入してリノベーションを行う場合、金利の低さや手続きの簡単さなどの面から住宅ローンの利用が最適です。

それに対し、所有している住宅においてリノベーションのみを行う場合、リフォームローンを選択することで、より多くの借入が可能な他、借入期間を長く設定することもできます。

なお、リフォームローンには有担保型と無担保型が存在し、金利の低さや借入金額の多さ、借入期間の長さなどを重視する場合には有担保型が最適です。また、審査の早さや金利以外に掛かる費用の少なさなどを重視する場合には、無担保型が最適です。

豊岡にはリフォームローンを取り扱う金融機関が多数存在するので、それぞれの特徴を比較しながら選択することが需要です。

住宅ローンの総額を計算しよう

住宅ローンの総額をきちんと計算したい場合には、信頼度の高い金融機関のサポートを受けることが欠かせません。 現在のところ、需要の高い住宅ローンのサービスの良しあしについて興味を示している人が珍しくありませんが、具体的な返済額の相場をチェックすることで、何時でも冷静に判断をすることが可能です。

また、住宅ローンの契約先の選び方をマスターするにあたり、顧客サービスの良しあしを理解することが良いでしょう。 その他、返済計画を立てるにあたり、シミュレーションの内容をしっかりとチェックすることがとてもおすすめです。

住宅ローンの早期返済は得か損か

住宅ローンの繰り上げ返済を繰り返して、早期返済を考える人は多いのではないでしょうか。しかし、住宅ローンの早期返済は、本当にお得なのでしょうか。老後のことを考えると、早く支払ってしまいたい気持ちも理解できます。

しかし、住宅ローンを組む時には団体信用生命保険に加入することが義務付けられており、契約者に何かあった時にはローンの返済金額が免除になる可能性があります。全額支払ってしまってあれば、この保険も使い道がなくなってしまいます。払いきる事は素晴らしいですが、細く長くゆっくりと払い続ける事も、選択肢の中にあっても良いかもしれません。

リフォームローンについて

住宅ローンを組む場合には様々な審査が必要で、またその審査は大きな買い物だけに厳しいと言われています。一方リフォームローンは、審査がやはり必要ですが、住宅ローンほど厳しくないようです。

なぜかというとリフォームというのは既にある家を綺麗にするということですので、「家を保持するだけのお金がある」というのが大前提にあるためです。そのため住宅ローンの場合には審査に2週間ほどかかる場合もあるようですが、リフォームローンに関しては1週間かからずに審査結果が出てしまうこともあるようです。組み方も幅広いので自分ができる一番いい支払い方法にしましょう。

リフォームローンの組み方

リフォームローンには有担保、無担保、クレジットカード払いがありますが、今すぐにリフォームしたいと考えている人には一番審査が早いと言われているクレジットカードでの支払いをオススメします。

ただしこちらはリフォームにかかる金額が総額で500万円であること、また現在借入している金額が300万円以下であることが前提になります。また利率に関しては銀行よりも高くなってしまいますので、その辺が問題なければすぐに審査がおりますし、手続き方法も非常に簡単なためオススメではあります。そこまで大がかりなリフォームでない場合にピッタリです。

リフォームローンの関連記事