住むならやっぱり賃貸マンション。賃貸大阪、宇治不動産

賃貸マンションで素敵な新生活を始めませんか?

契約の時期と賃貸の家賃

契約した日というのはいつになるか分かりません。1日であれば、その月の家賃をそのまま支払う事になりますが、途中から賃貸に入居する場合にはどうなるのでしょうか。

賃貸の中には、契約する前の何日かの家賃については支払う事がない様に、自分が契約した日数分の家賃だけを日割りで計算してくれて、その分だけを支払う様にしてくれる事もある様です。

しかし、賃貸の解約をする時には、一度決めた解約の日よりも少し早く退去した場合、たとえ、利用していなくても解約日までの家賃は支払う事になります。ですので、二重家賃が発生する事も考えられます。

引越しの繁忙期などであれば、その様な事になる可能性もあります。

賃貸物件の引越しの際に気をつけたいこと

賃貸物件の引越しの際に気をつけたいことは、まず新しく住む賃貸アパート・マンションを不動産仲介業者等で正式に契約を締結し物件を確定します。その次に、引越し業者に問い合わせ、運び出し日程、荷物量、移動距離、料金などを確認します。業者によって料金や搬出入プラン等が異なるため、複数の業者に見積もりを依頼し、自分の希望に合った業者と契約をします。

契約後業者より梱包資材が届くので、搬出日程までに梱包を完成させます。

当日搬出、当日搬入の場合や、翌日搬入、受入日指定など様々ですが、搬出後は、搬入先で受入れを待って搬入します。

賃貸マンションや住宅の関連記事